読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEEEEE!

”生きるように学び、学ぶように生きる” 

ペトラ遺跡に行ってきました。【1回目】

先日、イスラエルの隣りの国であるヨルダン(Jordan)へ旅してきました。

 目的はペトラ遺跡を見るため!

 

イスラエル-テルアビブからペトラ遺跡まで、ワディアラバ国境(イスラエル–ヨルダンを結ぶ)を超え、バス•タクシーの乗り継ぎで約8時間の旅です。

※詳しい行き方については別ブログでまとめます!

 

8時間の乗り継ぎはなかなかなものです。

 

ペトラ遺跡と言うと

かの有名な映画、インディージョーンズの舞台ともなった場所です!

 

f:id:sam000urai:20141011195513j:plain

 

 

ヨルダンに入ってすぐにアカバというヨルダンのリゾート地に着き

アカバからペトラ遺跡のあるワディムーサという町まで向かいました。

 

タクシーで2時間かけてワディムーサに到着。

岩を削って作った町で、そこに家建てるの!?

と思う場所に家が建っていたりと、全体的に独特の雰囲気がある町でした。

 

ワディムーサ

f:id:sam000urai:20141011192723j:plain


ワディムーサに到着した日は昼過ぎだったので

ペトラ遺跡には行かずに町を探検。

 

やたら、話しかけられる。

「Chinese? 」

「Japanese?」

「こんにちは!」

などなど。

 

フレンドリーで、人当たりも良いので良いことではあるのだが、、

なんといっても、ヨルダンという国は押し売りがすごい。

歩いているとほぼ100%タクシーのおっちゃんが話しかけてくる。

店の前を通ると「special price!!」など、必ずと言って良いほどなにか言ってくる。

そして、最初と最後では言っていることが異なることも日常茶飯事。

価格が2JDがいつの間にか、5JDになっていたりと。ほんと毎度のこと。笑

 

少し歩いていい感じ?のレストランを見つけ入った。

 

中東料理–8JD(内:コーラ1JD)

f:id:sam000urai:20141011200420j:plain

 

 

夕飯を食べた後はナイトペトラへ。

ナイトペトラ

価格:12JD(1900円程度)/一人

ナイトペトラでは宝物殿(エル•ハズネ)と呼ばれるメインの神殿の前で

アラブ人の美しい笛を聞きながら、エル•ハズネとロウの灯火を眺める。

 

 

ナイトペトラ–12JD(ホステル経由で頼んだので15JDでした。3JD高い。。)

暗すぎて、エル•ハズネの写真は撮れず、、

f:id:sam000urai:20141011192133j:plain

 

本当はこんなに綺麗。

f:id:sam000urai:20141011201051j:plain

 

さて、次の日は朝からペトラ遺跡へ。

チケットを購入。50JD(8000円)を支払って入場。高い。

 

ペトラ遺跡のチケット–50JD(1日券)

ちなみに、55JD(2日券)、3日券(3日券)

f:id:sam000urai:20141011192026j:plain

 

 

入り口から2キロ程度歩くと、、

ようやく、メインのエル•ハズネが見えてきました。

 

シーク–岩の巨大な裂け目のこと

f:id:sam000urai:20141011192112j:plain

 

 

でました!!

エル•ハズネ!

 

宝物殿(エル•ハズネ)

高さ:約40m

建造年代:紀元前1世紀

地元では頭頂部の壷の中に古代ファラオの宝が隠されているという伝説があるらしい。

 

 

f:id:sam000urai:20141011192136j:plain

 

 

やはり、ペトラ遺跡といえばこれ!

圧巻の迫力でした。

 

 

また、メインはこのエル•ハズネですが奥にはもっとたくさんの遺跡があり

一日で見ることができないくらい広いんです。

エル•ハズネは④番。

 

f:id:sam000urai:20141011200901j:plain

 

約6時間くらい滞在し、ホステルへ帰宅。

充実した一日でした。

 

 ヨルダンの個人的な感想としては

良い人、親切な人もいましたが金銭を巻き上げてくる人や変な人に出会う確立の方が高かったです。ペトラ遺跡とリゾート地であるアカバ以外はこれといって良かったことはあまりなく、嫌な気持ちをすることが多かったためもう進んで行こうとは思わない国ですね。

たった一度しか訪れていないので、知らないことばかりだと思いますが、改めてイスラエルの生活のしやすさ、人の良さを実感した旅でした。