読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEEEEE!

”生きるように学び、学ぶように生きる” 

アップルiPhone6の発表 2014.9.9 まとめ&考察 

 

本日、待ちわびたAppleからiPhone6の発表がありました。

 

iPhone6 & iPhone6 Plus

f:id:sam000urai:20140910045907p:plain

■スペック

•本体の厚み

iPhone6:6.9mm、4.7インチ

iPhone6 Plus:7.1mm、5.5インチ
(iPhone5s:7.6mm )

 

 •プロセッサ

A8プロセッサ搭載。A7より25%高速

 

•バッテリー稼働時間
iPhone 6:3G通話14時間

(スタンバイ:10日、動画再生:11時間、WiFiネット閲覧:11時間

iPhone6 Plus:24時間

(スタンバイ:16日、動画再生:14時間、WiFiネット閲覧:12時間


•LTE

CA対応、150Mbps対応
Wi-Fiは802.11ac対応

 

•カメラ

iPhone 6 Plus:光学手ブレ補正搭載
動画:1080p 60fps対応。
スローモーション:5sの倍(240fpsに対応)

 

Appleウォッチ

f:id:sam000urai:20140910041803p:plain

■スペック

• 表面:サファイアクリスタルグラス

•ディスプレイ:レティナディスプレイ(圧力検知)タッチ可能
•センサー:振動・心拍数・ジャイロスコープ
•防水機能:あり
•音声認識:Siri搭載
•充電:MagSafe
•NFC:搭載(ApplePay)
•開発:WatchKit

※ iPhoneと連動( iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 5, iPhone 5C, and iPhone 5S)
※ 音声認識・顔文字で返事。
※ 通知機能で振動させる(Twitter/Facebookなど)。
※ ストラップバンド取り外し可能。
※ 磁石でベルトがしまる。
※ 心拍数を検知して感情を伝える。

 

とてもシンプルですね。

先日、iTimeの名前で提出された特許資料のモノと同じみたいです。

 

気になるUI、機能はどうでしょう。

UIはあまり見たことのないもので、面白い。

操作は右のボタンを回してクローズアップの調整をするみたいです。

 

f:id:sam000urai:20140910052415p:plain

スポーツ、ヘルスケアに特化しており、便利性の高いデバイスですね。

 

■何が出来るか

•電話が可能

•メッセージの送受信が可能

•Mapsを搭載し、現在地や目的地への方向、目的地までの時間を教えてくれる 

•指で描いた絵が送信できる

•心臓の鼓動を計測、大事な人に共有することが可能

•「Activity」:1日の動きをモニターで見れる ※デフォルトで搭載

•「Workout」:トレーニングを記録できる ※デフォルトで搭載

 

 

しかし、なんといってもこれでしょう!

Apple Pay

f:id:sam000urai:20140910042354p:plain

Apple Payとは電子決済のシステムのことで

米国でVISA、MasterCard、American Expressと提携している。

iPhone6、6 Plusに対応するとのことで驚きましたが

 

なんと、、、

Appleウォッチにも対応しています。

 

実際にクレジットカードを撮影してカード番号を読み取り、使用。

10月からアメリカ国内にてスタート。

なんと既に提携店舗が22000店舗も。すごい!!

 

こんな有名店舗で使える

f:id:sam000urai:20140910051035p:plain

 

やはり、Appleの発表はいつもワクワクさせられながら見れます。

あのプレゼンテーションに惹き付けられる。そして、この準備の良さ。素晴らしい!

 

製品はiPhone6 Plusと迷うところですが、ここはiPhone6ですかね。

 

また、Appleウォッチはというと洗練されたデザインに多機能。

特に運動に特化した機能が充実しています。

けれども、個人的には率直に欲しい!とは思いませんでした。

あのようなウェアラブルでしたらどこでもありますよね。

 

例えば、サムスンが出しているこちら

 

au Gear2 

f:id:sam000urai:20140910045047p:plain

 機能は完全にAppleウォッチに劣っていますが

カメラ、通知機能、電話など基本的な機能はあります。

また、ヘルスケアに特化したGear Fitというデバイスもあります。

 

なにが言いたいかと言うと

要は、Appleウォッチも現代の携帯やスマートフォンの代替えにはなっていないのではないかということです。これこそ本質かなと思います。たとえもう少し便利になろうとも、携帯電話での細かい操作などそもそも代わりとならなければ、広く大衆に受け入れられることはないのだと。

これでは人々の“腕時計”を置き換えるのは難しそうですね。

 

今回の発表でも機能や使い勝手よりもベルトが多彩に変更できる点など

デザインでカバーしようとしている感が否めませんでした。

 

買い時はAppleWatch2か3くらいでしょうか。

気長に待っておくとします。

 

〜〜気になる発売日、値段〜〜

■iPhone6&6 Plus

発売日:2014年の9月19日に発売

(日本、アメリカ、シンガポール、他6カ国にて)

値段 [iPhone6]16GB:$199  64GB:$299 128GB:$399

値段[iPhone6 Plus ]16GB:$299  64GB:$399 128GB:$499

 

■Apple Watch

発売日:未定(2015年初頭)

値段:$349

  

Apple(時系列でまとめられています)

http://www.apple.com/live/2014-sept-event/

 

 

■余談

プレゼンの際にiPhoneの画面が「9時41分」に統一されている理由は、iPhoneのスクリーンが世界に向けて初めて公開されると予測した時間であるという、合理的な理由があるからだそうです。また、この時間はAppleにとって記念すべき時間でもあるからです。